add

種別

コマンド

重要度

★☆☆☆☆

書式
?cmd=add &page=ページ名
概要

実行すると編集画面が表示されます。更新ボタンを押すと、指定した既存ページの末尾に編集欄で入力した内容が追加されます。

引数

ページ名は省略できません。ページ名はエンコードされている必要があります。

edit?が編集画面に既存のページ内容を表示するのに対し、addは常に編集画面が空となります。不用意に既存の入力内容を変更する事がないため、単純に追記していくだけのページではaddを使うと便利です。

備考

もともとデフォルトのskinでメニューの「追加」として使われていましたが、editコマンド(編集)で事足りるため、デフォルトのskinではメニューから外されています。

PKWK_READONLY が有効の場合、このプラグインは全てのリクエストを無効とします。

add

種別

コマンド

重要度

★☆☆☆☆

書式
?cmd=add &page=ページ名
概要

実行すると編集画面が表示されます。更新ボタンを押すと、指定した既存ページの末尾に編集欄で入力した内容が追加されます。

引数

ページ名は省略できません。ページ名はエンコードされている必要があります。

edit?が編集画面に既存のページ内容を表示するのに対し、addは常に編集画面が空となります。不用意に既存の入力内容を変更する事がないため、単純に追記していくだけのページではaddを使うと便利です。

備考

addline

種別
(コマンド)
ブロック型プラグイン
インライン型プラグイン
重要度
★★☆☆☆
書式
#addline( [設定名] {, [above|below|up|down|btn:[ボタン名]|ltext:[左テキスト]|rtext:[右テキスト]]} )
&addline( [設定名] {, [before|after|above|below|up|down]} ){ [リンク名] };
引数
設定名: 「:config/plugin/addline/設定名」の指定
  • above|below|up|down: #commentと同じで、追加するのがボタンの上か下かの指定
  • btn: submitボタンに付ける名前
  • ltext,rtext: submitボタンの左右につけるテキスト
  • before,after: インライン型の場合に、追加するのがリンクの前(左)か後(右)の指定
概要
ボタンやリンクを押すと、設定ページで指定した文字列を行単位でします。 インライン型は同じ行内での文字列単位で追加も可能。 ボタンやリンクの表記も変更可。
作者
sha

aname

種別

インライン型プラグイン

ブロック型プラグイン

重要度

★★★★☆

書式

&aname( アンカー名 [,{[super], [full], [noid]}] ){ アンカー文字列 };

#aname( アンカー名 [,{[super], [full], [noid]}, アンカー文字列] )

概要

指定した位置にアンカー(リンクの飛び先)を設定します。

引数

アンカー名の値がアンカーのフラグメント指定子に使用されます。アンカー名は省略できません。アンカー名には半角英字(大文字/小文字)が使用可能です。

super,full,noid でアンカーの出力方式を指定します。

  • super - アンカー文字列を上付き表示します。省略時は上付き表示されません。
  • full - フラグメント指定子以外のURIを補ってアンカーを出力します。省略時はフラグメント指定子のみ出力されます。
  • noid - アンカーにフラグメント指定子を出力しません。

アンカー文字列が指定された場合、指定した文字列に対してアンカーが出力されます。アンカーの存在を利用者に明示したい場合に利用します。省略時は空文字に対するアンカーとなります。
super,full,noid のいずれかを指定した場合、アンカー文字列を省略または空文字とする事はできません。

プラグイン内設定

  • PLUGIN_ANAME_ID_MAX アンカー名に指定可能な文字列長の上限
  • PLUGIN_ANAME_ID_REGEX アンカー名に指定可能な文字列の正規表現
  • PLUGIN_ANAME_ID_MUST_UNIQUE 重複したアンカー名を利用した場合エラーとする
備考

通常はインライン型プラグインとして使用します。2つのブロック型プラグインに挟まれた部分にアンカー設定したい場合にインラインプラグインとして記述できないため、ブロック型プラグインとしても使えるようにしてあります。

PukiWiki本体処理でanameプラグインを内部的に呼び出しているため、必ず組み込む必要があります。

article

種別

(コマンド)

ブロック型プラグイン

重要度

★★★☆☆

書式
#article
概要

指定した位置に簡易掲示板を設置します。

プラグイン内設定

  • PLUGIN_ARTICLE_COLS テキストエリアのカラム数
  • PLUGIN_ARTICLE_ROWS テキストエリアの行数
  • PLUGIN_ARTICLE_NAME_COLS 名前テキストエリアのカラム数
  • PLUGIN_ARTICLE_SUBJECT_COLS 題名テキストエリアのカラム数
  • PLUGIN_ARTICLE_NAME_FORMAT 名前の挿入フォーマット
  • PLUGIN_ARTICLE_SUBJECT_FORMAT 題名の挿入フォーマット
  • PLUGIN_ARTICLE_INS 入力内容を入力欄の前後どちらに挿入するか
  • PLUGIN_ARTICLE_COMMENT 書き込みの下に一行コメントを入れるか
  • PLUGIN_ARTICLE_AUTO_BR 改行を自動的変換するか
  • PLUGIN_ARTICLE_MAIL_AUTO_SEND 投稿内容のメール自動配信をするか
  • PLUGIN_ARTICLE_MAIL_FROM 投稿内容のメール送信時の送信者メールアドレス
  • PLUGIN_ARTICLE_MAIL_SUBJECT_PREFIX 投稿内容のメール送信時の題名
  • $_plugin_article_mailto 投稿内容のメール自動配信先アドレス
備考

PKWK_READONLY が有効の場合、このプラグインは全てのリクエストを無効とします。

attach

種別

(コマンド)

ブロック型プラグイン

重要度

★★★★★

書式
#attach( [nolist] [,noform] )
概要

ページの添付ファイルの一覧を表示し、ファイル添付のための入力フォームを設置します。

引数

nolist, noform で表示内容を指定します。

  • nolist - ページの添付ファイルの一覧を表示しません。省略時は一覧を表示します。
  • noform - ファイル添付のための入力フォームを表示しません。省略時は入力フォームを表示します。
プラグイン内設定

  • PLUGIN_ATTACH_MAX_FILESIZE ファイルアップロードの上限
  • PLUGIN_ATTACH_UPLOAD_ADMIN_ONLY 管理者だけが添付ファイルをアップロードできるようにするか
  • PLUGIN_ATTACH_DELETE_ADMIN_ONLY 管理者だけが添付ファイルを削除できるようにするか
  • PLUGIN_ATTACH_DELETE_ADMIN_NOBACKUP PLUGIN_ATTACH_DELETE_ADMIN_ONLYのとき、管理者が添付ファイルを削除するときは、バックアップを作らない
  • PLUGIN_ATTACH_PASSWORD_REQUIRE アップロード/削除時にパスワードを要求するか(PLUGIN_ATTACH_~_ADMIN_ONLYが優先)
  • PLUGIN_ATTACH_RENAME_ENABLE ファイルのリネームが可能か
  • PLUGIN_ATTACH_FILE_MODE アップロードされたファイルのアクセス権
  • PLUGIN_ATTACH_FILE_ICON アイコンイメージのファイル
  • PLUGIN_ATTACH_CONFIG_PAGE_MIME ダウンロード時のmime-typeを記述したページ
備考

デフォルトのskinのメニューの「添付」で呼び出されているため、デフォルトのskinを使う場合には必ず組み込む必要があります。

プラグイン内設定の PLUGIN_ATTACH_MAX_FILESIZE を増やす場合は、php.iniの upload_max_filesize やApache の LimitRequestBodyなどPukiWiki以外での上限設定がある事に注意して下さい。

PKWK_READONLY が有効の場合、このプラグインは「ファイルの新規添付、削除、凍結(凍結解除)」のリクエストを無効とします。

attachref

種別
(コマンド)
ブロック型プラグイン
重要度
★★☆☆☆
書式
&attachref( [添付ファイル名] [, {refの引数 }{, button }]} ){ [ボタン名] };
引数
  • button − <form></form>のsubmitボタン表示。デフォルトでは[添付]文字列によるリンク表示。リンクもボタンも、表示する文字列は<ボタン名>で変更可。
概要
添付ファイルが存在しているときは ref と同じ動作をします。添付ファイルが存在していないときは画面に [添付] リンクが存在して、それを押すと、アップロードフォーマットが出現して、そこでファイルをアップロードすると、[添付]リンクのあった場所に&ref(...);してくれます。指定サイズでサムネイル表示もできるので便利です。
作者
sha

Last-modified:
Founded by gwiki