* MPBM : 多用途炸裂弾頭ミサイル [#about]
#row{{{{
#span(7){{
Multi-Purpose Burst Missile(マルチパーパス バースト ミサイル)&br;
&br;
ロックオンした目標に着弾すると炸裂する散弾ミサイル。&br;
対空/対地の両方をロックオン可能で、着弾地点の周囲を巻き込む広範囲攻撃が可能。&br;
空地問わず、密集した目標に対して有効。&br;
&br;
~
** 特徴
- 説明の通り対地・対空問わずにロックオンでき、超広範囲を攻撃する超技術兵器。
- エースコンバットZEROでADFX-01/02の専用兵装として登場したのが初出。これ1本であらゆる特殊兵装が過去となった……のは過去作の話。
--今作のMPBMはZEROと違い、近接信管はなくなり、威力もそこまで無い。
-見た目はプレイヤーの使えるニンバスだが、その実態は広範囲低威力の性質から、FAEBに近い。
-対空ロックが可能である点を有効活用したいが、動き回るTGTに対して適当に撃って当たるような誘導性は持っていない。一応ノーマル敵機であればちゃんと後ろから撃てば結構当たる。
-''着弾時の極めて派手な爆発により、味方や相手チームの視界を遮ってしまう点に要注意''
--非常召集ミッションのSatellite Interception系では、目標を攻撃すると衝突判定のある破片が落剥するため、MPBMの爆風で視界が遮られていると非常に危険。他のプレイヤーは注意。

-爆弾系の範囲兵器とは違い、爆風の中に目標がある限り複数回のダメージを与えるという特徴がある。最大3HITで、敵をロックした時に表示される推定ダメージ量は1HITあたりのもの。その特性から、動かない地上目標や遅い敵機には大ダメージを与えられるが、速い敵機には例え当てることが出来ても損害は少ない。移動中の編隊に撃ち込む時は、出来るだけ先頭の敵機に撃つようにすると有効。
--遅い航空編隊で誰もが思いつく東京のハリアー(浮き途中)も両端の2機を狙うと獲り残すことがある。中の2機を狙おう。
-初期コスト、搭載パーツによって威力が変化するのは直撃時のダメージのみの様である。爆風によるダメージは同じロールならば変化がないことが報告されている。
//2016-12-23(金)03:41:54のコメントより
-TDMでもかなり使いにくい部類。その分、直撃させた時のプレッシャーとヘイトの集め方は凄い。
--味方には損害が出ないと言う点を活かし、艦隊戦TDMでは、味方艦隊の上に落として近づく敵攻撃機を迎撃する(通称:ベルカ式防衛術)戦法がある。パーツとデータリンクで攻撃力を徹底強化すればある程度有効。敵機に近づくことを控えさせれば、それだけでも攻撃効率の低下に繋がるので悪くはない。

-パーツで強化する場合は、威力か速力、もしくはその両方を。
--誘導性能を強化しても、少し距離が離れただけで誘導が切れ、接近するならそもそもあまり意味がなかったりと恩恵を得にくい。
-''機体の主要3ロールであるマルチロール・ファイター・アタッカーすべてに搭載できる唯一の特殊兵装。''ただし、そもそも搭載可能機体が少数の上、いずれも高額な購入・強化費用が必要な架空機や特別機体であり、「初心者でもこの兵装さえ強化しておけば複数のロールで使いまわせる」という状況ではない。

~
*** 兵装対応パーツ

-AIR.SEEK+ (R.7)
--高速飛行物体検出装置(SP.W):対空ロックオン速度短縮

- GND.SEEK+ (R.8) 
--グランドクラッター解析装置(SP.W):対地ロックオン速度短縮

- SP.W.POW+ S(R.13) / M(R.10) / L(R.12) / Lw(R.5)
-- 改良型 / 軽量型弾頭(SP.W):ミサイル威力上昇

- SP.W.SPEED+ S(R.6) / M(R.7) / L(R.10) / Lw(R.5)
-- 改良型 / 軽量型推進剤(SP.W):ミサイル飛翔速度上昇

- SP.W.AMMO+ S(R.5) / M(R.12) / L(R.11) / Lw(R.5)
-- 改良型 / 軽量型目標識別回路(SP.W):搭載量及びリロード速度向上

- SP.W.POW+ S(R.13) / M(R.19) / L(R.20) / Lw(R.5)
--ミサイル用追加改修キット(SP.W):ミサイル威力・速度上昇及びリロード速度向上

- SP.W.RANGE+ S(R.8) / M(R.19) / L(R.21)
--高精度シーカー(SP.W):ミサイル射程距離上昇・リロード速度低下

- SP.W.QUICK+ S(R.15) / M(R.15) / L(R.20) / Lw(R.4)
--改良型 / 軽量型可動フィン(SP.W):ミサイル誘導性能上昇

(AIR.SEEK+とGND.SEEK+は重複装備不可)

}}
#span(5){{
#ref(特殊兵装/MPBM/20_MPBM.png,CENTER,MPBM)

|90|140|c
|>|CENTER:基本性能|h
| 誘導対象  | 全対象 |
| 誘導性能  | 普通 |
| ダメージ量 | 低め |
| 飛翔速度  | 低速 |
| ロックオン距離   | 約 ??00ft&br;5000~6000m(レベル差)|
| 同時発射数 | 1 |
| 同時ロック数    | 1 |
| 加害範囲  | 広範囲 |

|RIGHT:10|RIGHT:80|RIGHT:10|RIGHT:80|c
|>|>|>|CENTER:兵装性能上昇 コスト|h
|CENTER:~&size(95%){Lv.};|CENTER:~&size(95%){クレジット};|CENTER:~&size(95%){Lv.};|CENTER:~&size(95%){クレジット};|
|2|  &color(#06F){26,640}; |3| &color(#06F){103,680}; |
|4| 406,800 |5| 887,400 |

|RIGHT:10|24|24|24|24|24|24|RIGHT:24|c
|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:標準兵装性能・コスト|h
|CENTER:~&size(95%){Lv.};|~&size(95%){対空};|~&size(95%){対地};|~&size(95%){誘導};|~&size(95%){距離};|~&size(95%){範囲};|~&size(95%){装填};|CENTER:~&size(95%){Cst};|
|1| D+| D+| C | D+| C | D | 16 |
|2| &color(blue){C}; | &color(blue){C}; | &color(blue){C}; | &color(blue){C}; | C | &color(blue){D+}; | 33 |
|3| &color(blue){C}; | &color(blue){C}; | &color(blue){C}; | &color(blue){C}; | C | &color(blue){D+}; | 42 |
|4| &color(blue){C}; | &color(blue){C}; | &color(blue){C}; | &color(blue){C}; | C | &color(blue){C}; | 74 |
|5| &color(blue){C}; | &color(blue){C}; | &color(blue){C}; | &color(blue){C+}; | C | &color(blue){C}; | 105 |

#region(2015/07/31価格改訂以前の費用データ)
|RIGHT:10|RIGHT:80|RIGHT:10|RIGHT:80|c
|>|>|>|CENTER:兵装性能上昇 コスト|h
|CENTER:~&size(95%){Lv.};|CENTER:~&size(95%){クレジット};|CENTER:~&size(95%){Lv.};|CENTER:~&size(95%){クレジット};|
|2|  66,600 |3| 129,600 |
|4| 406,800 |5| 887,400 |
#endregion

}}
}}}}

~
*** 使用可能な機体のレベル別兵装数 [#crafts]
|32|160|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|c
|CENTER:類|CENTER:機体 \ Lv.|CENTER:1|CENTER:2|CENTER:3|CENTER:4|CENTER:5|CENTER:6|CENTER:7|CENTER:8|CENTER:9|CENTER:10|CENTER:11|CENTER:12|CENTER:13|CENTER:14|CENTER:15|CENTER:16|CENTER:17|CENTER:18|CENTER:19|CENTER:20|h
|CENTER: &color(#00C){''F''}; |[[T-50 -AK->機体/T-50 -AK-]]			| - | - | - | - | - | - | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 22 |
|CENTER: &color(#90f){''M''}; |[[ADFX-01>機体/ADFX-01]]				| - | - | - | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 19 |
|CENTER: &color(#90f){''M''}; |[[ADFX-01 -PX->機体/ADFX-01 -PX-]]		| - | - | - | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 24 |
|CENTER: &color(#C00){''A''}; |[[ADA-01B>機体/ADA-01B]]				| 6 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 28 |
|CENTER: &color(#C00){''A''}; |[[ADA-01B -VQ->機体/ADA-01B -VQ-]]		| 10 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 32 |

~
#pcomment(,reply)


Founded by gwiki