* ADMM : 全方位多目的ミサイル [#about]
#row{{{{
#span(7){{
//(↓英語の読みが長い場合は改行の事)
All Direction Multi-Purpose Missile &br;
(オールディレクション マルチパーパス ミサイル)&br;
&br;
//(解説文コピペ※行末に&br;(改行)を忘れないように)
対空/対地の両方を同時に攻撃可能な、多目的ミサイル。&br;
単発の威力は低いが、誘導力の高い12発の小型ミサイルで複数目標を同時にロックオンし、周囲一帯の目標を効率的に破壊する事が可能。&br;
航空機と地上、海上の目標が入り乱れる戦場で、特に高い効果を発揮する。&br;
&br;
~

** 特徴
#ref(特殊兵装/ADMM/ADMM_Lock1.png,CENTER,75%)
- 独特のロックオンシーカーを持っており、一般的なマルチロックミサイルの十字シーカーの空間部分に小さい十字が表示される。&br;
小さい十字の数だけミサイルが飛んでいく。&br;
大きい十字シーカーと時計でいうところの1時部分の小さい十字は同時に表示される。&br;
(画像の距離表示はft、かつグランドクラッター解析装置のみ装備)&br;
-6と同じく、専用ランチャーから垂直方向に射出されてから誘導を開始するため、&br;
低高度(テストフライトの滑走路付近で約260ft/80m)で使用すると下の4発が地面にヒットしてしまうので注意が必要。&br;
-ロックオンの挙動が遅く、ロックオン中に対象が撃破されるとリセットされてしまう仕様と相まって、6の時のようなミサイルサーカスを披露する事は難しくなっている。

-現状、この兵装が使える機体はCFA-44とCFA-44 -SL-の2機のみである。
~
*** 兵装対応パーツ
// ミサイル系
-AIR.SEEK+ (R.7)
--高速飛行物体検出装置(SP.W):対空ロックオン速度短縮

- GND.SEEK+ (R.8)	
--グランドクラッター解析装置(SP.W):対地ロックオン速度短縮


- SP.W.POW+ S(R.13) / M(R.10) / L(R.12) / Lw(R.5)
-- 改良型 / 軽量型弾頭(SP.W):ミサイル威力上昇

- SP.W.SPEED+ S(R.6) / M(R.7) / L(R.10) / Lw(R.5)
-- 改良型 / 軽量型推進剤(SP.W):ミサイル飛翔速度上昇

- SP.W.AMMO+ S(R.5) / M(R.12) / L(R.11) / Lw(R.5)
-- 改良型 / 軽量型目標識別回路(SP.W):搭載量及びリロード速度向上

- SP.W.POW+ S(R.13) / M(R.19) / L(R.20) / Lw(R.5)
--ミサイル用追加改修キット(SP.W):ミサイル威力・速度上昇及びリロード速度向上

- SP.W.RANGE+ S(R.8) / M(R.19) / L(R.21)
--高精度シーカー(SP.W):ミサイル射程距離上昇・リロード速度低下

- SP.W.QUICK+ S(R.15) / M(R.15) / L(R.20) / Lw(R.4)
--改良型 / 軽量型可動フィン(SP.W):ミサイル誘導性能上昇

(AIR.SEEK+とGND.SEEK+は重複装備不可)
// 爆弾系

// その他・専用系

}}
#span(5){{
#ref(特殊兵装/ADMM/ADMM.png,CENTER,ADMM)

|90|140|c
|>|CENTER:基本性能|h
| 誘導対象	| 全対象 |
| 誘導性能	| 高誘導 |
| ダメージ量	| 低め |
| 飛翔速度	| 普通 |
| ロックオン距離	| 約 13200ft&br;約 4025m|
| 同時発射数	| 12(ロック数無視) |
| 同時ロック数	| 6(マルチロック) |
| 加害範囲	| 単体 |
//参考加害範囲	:狭範囲(RKTL) / 小範囲(LAGM/LASM/PGB) / 中範囲(UGB,LAGM+S) / 広範囲(UGB+S,LAGM+M) / 超広範囲(FAEB,UGB+M) / 超々広範囲(MPBM)
// 該当しない行は削除、特殊な場合は適宜記入の事
// マルチロック兵装の場合は→書式に差し替え | 同時ロック数	| x (マルチロック) |
// &br;

|RIGHT:10|RIGHT:80|RIGHT:10|RIGHT:80|c
|>|>|>|CENTER:兵装性能上昇 コスト|h
|CENTER:~&size(95%){Lv.};|CENTER:~&size(95%){クレジット};|CENTER:~&size(95%){Lv.};|CENTER:~&size(95%){クレジット};|
|2| &color(#06f){26,640}; |3| &color(#06f){103,680}; |
|4| 406,800 |5| 887,400 |

|RIGHT:10|24|24|24|24|24|24|RIGHT:24|c
|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:標準兵装性能・コスト|h
|CENTER:~&size(95%){Lv.};|~&size(95%){対空};|~&size(95%){対地};|~&size(95%){誘導};|~&size(95%){距離};|~&size(95%){範囲};|~&size(95%){装填};|CENTER:~&size(95%){Cst};|
|1|E |E |C+|D |&color(#888){F}; |D+|16|
|2|&color(blue){E+};|&color(blue){E+};|&color(blue){C+};|&color(blue){D+};|&color(#888){F}; |&color(blue){D+};|33|
|3| &color(blue){E+}; | &color(blue){E+}; | &color(blue){C+}; | &color(blue){D+}; |&color(#888){F}; |&color(blue){C}; |42|
|4| &color(blue){E+}; | &color(blue){E+}; | &color(blue){C+}; | &color(blue){D+}; |&color(#888){F}; | &color(blue){C}; |74|
|5| &color(blue){E+}; | &color(blue){E+}; | &color(blue){C+}; | &color(blue){D+}; |&color(#888){F}; | &color(blue){C}; |105|

// ゲージが空の項目は | &color(#888){F}; | とすること。

#region(2015/07/31価格改訂以前の費用データ)
|RIGHT:10|RIGHT:80|RIGHT:10|RIGHT:80|c
|>|>|>|CENTER:兵装性能上昇 コスト|h
|CENTER:~&size(95%){Lv.};|CENTER:~&size(95%){クレジット};|CENTER:~&size(95%){Lv.};|CENTER:~&size(95%){クレジット};|
|2| 66,600 |3| 129,600 |
|4| 406,800 |5| 887,400 |
#endregion

}}
}}}}

~
*** 使用可能な機体のレベル別兵装数 [#crafts]
|32|160|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|RIGHT:38|c
|CENTER:類|CENTER:機体 \ Lv.|CENTER:1|CENTER:2|CENTER:3|CENTER:4|CENTER:5|CENTER:6|CENTER:7|CENTER:8|CENTER:9|CENTER:10|CENTER:11|CENTER:12|CENTER:13|CENTER:14|CENTER:15|CENTER:16|CENTER:17|CENTER:18|CENTER:19|CENTER:20|h
|CENTER: &color(#90f){''M''}; |[[CFA-44>機体/CFA-44]]			| 3 | 3 | 4 | 4 | 4 | 5 | 5 | 6 | 6 | 7 | 8 | 8 | 9 | 9 | 10 | 11 | 11 | 12 | 12 | 13 |
|CENTER: &color(#90f){''M''}; |[[CFA-44 -SL->機体/CFA-44 -SL-]]		| 4 | 4 | 5 | 5 | 6 | 7 | 7 | 8 | 8 | 9 | 10 | 10 | 11 | 11 | 12 | 13 | 13 | 14 | 14 | 15 |


~
#pcomment(,reply)


Founded by gwiki