* T-50 -AK- "Akula" ☆☆☆☆(戦闘機) [#u7cb926c]
#row{{{{
#span(7){{
#ref(機体/T-50 -AK-/T50AK.jpg,400x225)
//ここに機体の画像を貼り付けます。
//コピー用改行 &br;
**機体説明
「鮫(アクーラ)」と呼ばれた傭兵の乗機を模したT-50の特別機体。&br;
旋回性能を強化、ファイターながらもMPBMを搭載した圧倒的な破壊力と機動性を併せ持つ。 

~
***解説
「鮫(アクーラ)」と呼ばれた傭兵の乗機を模したT-50の特別機体。&br;
高い旋回性能をさらに強化、ファイターながらもMPBMを搭載し、圧倒的な破壊力と機動性を併せ持つ機体となっている。&br;
ロシア空軍在籍時には英雄勲章も授与された凄腕パイロットであった彼は、故郷を捨て復讐のために生きた。&br;
空でシャークマウスの機体を目にした物は皆、異常なまでの狂気を感じたという。

~
** 特徴
-エースコンバットAH(アサルト・ホライゾン)の主人公であるウィリアム・ビショップ中佐のライバルであり、反政府軍のエースパイロットとして登場するアンドレイ・マルコフの乗機であるT-50の特別機体が参戦。&br;
-本来彼が乗機した機体のスキンはこれではなくスプリッター迷彩と機首にシャークマウスを施したものを乗機したのであり、この機体のスキンはDLCの追加カラー機として出されたものをそのまま施したもの。とはいえスキン違いなので本人がT-50に乗機したことには変わりはない。&br;
-性能に関してはT-50を一回り強化したもので、レベル10の時点で素のT-50のレベル12~13に相当する。&br;
しかし素の機体と決定的に違う点として、特殊兵装としてHVAAの代わりにMPBMを搭載できることが挙げられる。ファイターで初めて対地ロックも可能な特殊兵装が搭載されたことにより、マルチロールにより近い運用も可能になった。&br;
-とはいえ、本職はあくまでもファイター。地上に気をとらわれ過ぎて対空任務が疎かになるということがないようにしたい。
#region(以下原作ネタバレ 逆三角形クリックで表示)
-原作ではロシア空軍在中に英雄勲章を授与されたほどの凄腕パイロットだったが、米軍の空爆作戦によって妻を失ったことからアメリカに対し復讐を果たそうと軍を脱退、その後反政府軍に傭兵として雇われ活動していた。&br;
主人公のビショップ中佐を幾度も苦しめ、最終戦ではワシントンD.Cでエース同士による苛烈なドックファイトを繰り返し、撃墜される寸前の所でEW1(通称トリニティ)をホワイトハウスに向けて投下し執念と意地を見せつけたがその直後にビショップ中佐にEW1を機銃で破壊され、爆発はしたもののホワイトハウスは無傷で済み復讐は失敗に終わった。&br;
今作でMPBMを装備しているのはEW1の名残と思われる。機銃で破壊される心配は無いので存分に使おう。
#endregion
~
//(使用上の注意やコツなどのノウハウなど)

~
** データ
- Cst.800
- 機体ツリーの研究ランク : R.SP ☆☆☆☆

- 獲得通り名
-- 元・英雄(Lv.20)

- ロシア機体
-『[[ロシアの鮫>イベント情報#event48]]』報酬 (~1000位)&br;
(2015/04/22~2015/04/30)
-特別殊勲飛行メダル交換所にてメダル20枚で交換可能&br;
(2016/10/16~無期限交換可能)

~
//** スキン
//- スキン名 [カラーリスト]

~
//** 主な搭乗者
//(味方機や敵機で登場した場合は記載、なければコメントアウト)

}}
#span(5){{

|10|80|10|80|c
|>|>|>|CENTER:購入・性能上昇 コスト|h
|~&size(95%){Lv};|~&size(95%){クレジット};|~&size(95%){Lv};|~&size(95%){クレジット};|
|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
| 1|     2,500| 2|   182,070|
| 3|   274,340| 4|   399,040|
| 5|   523,740| 6|   847,960|
| 7|   399,040| 8|   723,260|
| 9| 1,047,480|10| 1,995,200|
|11| 2,593,760|12| 3,441,720|
|13| 4,314,620|14| 6,035,480|
|15| 6,883,440|16| 8,803,820|
|17|10,075,760|18|11,322,760|
|19|14,465,200|20|18,231,140|


|10|24|24|24|24|24|24|c
|>|>|>|>|>|>|CENTER:標準機体性能|h
|~&size(95%){Lv};|~&size(95%){SP};|~&size(95%){MO};|~&size(95%){ST};|~&size(95%){AD};|~&size(95%){GD};|~&size(95%){DF};|
|RIGHT:|||||||c
| 1|A |B |D+|B+|D |E+|
| 2|A+|B+|D+|A |D |D |
| 3|A+|A |C |A |D+|D+|
| 4|S |A+|C |A+|D+|C |
| 5|S |S |C |S |D+|C+|
| 6|S+|S+|C+|S |D+|B |
| 7|S+|S+|C+|S+|C |B+|
| 8|S+|S+|C+|S+|C |A |
| 9|S+|S+|B |S+|C |A+|
|10|S+|S+|B |S+|C |S |
|11|S+|S+|B |S+|C |S+|
|12|S+|S+|B+|S+|C+|S+|
|13|S+|S+|B+|S+|C+|S+|
|14|S++|S+|B+|S+|C+|S+|
|15|S++|S++|A |S+|C+|S++|
|16|S++|S++|A |S+|C+|S++|
|17|S++|S++|A+|S++|B |S++|
|18|S++|S++|A+|S++|B |S++|
|19|S++|S++|S |S++|B |S++|
|20|S++|S++|S |S++|B |S++|


|20|55|55|55|c
|>|>|>|CENTER:標準パーツスロット数|h
|~&size(95%){Lv};|~&size(95%){BODY};|~&size(95%){ARMS};|~&size(95%){MISC};|
|CENTER:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
| 1~5 |28|26|27|
| 6~14|30|28|29|
|15~19|31|29|30|
|  20 |32|30|31|

|10|30|30|30|30|30|30|c
|>|>|>|>|>|>|CENTER:標準兵装搭載数・コスト|h
|~&size(95%){Lv};|~&size(95%){GUN};|~&size(95%){MSL};|~&size(95%){[[4AAM>特殊兵装/4AAM]]};|~&size(95%){[[QAAM>特殊兵装/QAAM]]};|~&size(95%){[[MPBM>特殊兵装/MPBM]]};|~&size(95%){Cst};|
|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
| 1|108|128|28|-|-|800|
| 2|118|130|32|-|-|848|
| 3|129|132|36|-|-|896|
| 4|139|134|40|22|-|944|
| 5|150|136|44|24|-|992|
| 6|161|138|48|26|-|1040|
| 7|172|140|52|28|7|1088|
| 8|183|142|56|30|8|1136|
| 9|194|144|60|32|9|1184|
|10|206|146|64|34|10|1232|
|11|217|150|66|35|11|1282|
|12|228|154|68|36|12|1332|
|13|239|158|70|37|13|1382|
|14|250|162|72|38|14|1432|
|15|262|166|76|40|16|1482|
|16|271|168|78|41|17|1551|
|17|280|170|80|42|18|1613|
|18|289|172|82|43|19|1675|
|19|298|174|84|44|20|1735|
|20|308|176|88|46|22|1799|

}}
}}}}

~
#pcomment(,reply)


Founded by gwiki