* Mirage 2000-5 "Mirage" (多目的戦闘機) [#u7cb926c]
#row{{{{
#span(7){{
#ref(機体/Mirage 2000-5/Mirage 2000-5_02.jpg,400x220)

** 機体説明
無尾翼デルタ式の戦闘攻撃機。&br;
本機は近代化改修された最新型で戦闘能力が飛躍的に向上した。&br;
愛称は「ミラージュ(蜃気楼)」。&br;

***解説
最先端の空軍飛行機として開発され、フランス空軍を含む複数の国で運用されている無尾翼デルタ式の小型戦闘攻撃機。&br;
軽量ゆえ加速性能に優れている。&br;
最新型となるMirage2000-5では、RDYレーダーによる多目標同時処理能力の向上や、コクピット計器の近代化改修などが施され、戦闘能力が飛躍的に向上している。&br;
愛称は「ミラージュ(蜃気楼)」。&br;
~
** 特徴
- 序盤の機体ながらも機動性は良好で、安定性もそこそこ。
- 機銃の装弾数が少なく、すぐに弾切れを起こすものの、2連装故に瞬間火力はなかなかのもの。
- ぺらっぺらの紙装甲なので、AA GUNに蜂の巣にされるだけでも大ダメージとなりうる。
- 速度性能は十分に高く、対地の場合はミサイルを撃っては逃げのヒット&アウェイを繰り返すのが無難か。
- 4AGMを持ち、序盤の機体にしては速度が高いので初心者が対地で稼ぐのに便利で、Lv4からは4AAMも使えるようになるなど汎用性が高いが、強化しても速度以外の性能は伸びにくい。マルチロールとしてはスロットも少なめなので、強化は費用が安いLv5辺りまで止めておいて上位機種に乗り換え推奨。
--ツリーの同じルートにあるF-15Eは特殊兵装の構成が全く同じなので強化した兵装がそのまま生かせる上、速度が高いマルチロールという似た性能
を持つので乗り換えにおすすめ。
--チャレンジでたびたび用いられる機体のため、育成した機体も無駄にはならない。特別機体でもよい場合が多いが、Mirage2000-5は、1機はあると便利である。
~
***データ
- Cst.425
- 機体ツリーの研究ランク  : R.2
- 獲得通り名 : 三角翼マニア(Lv.3)&br;
      見えざる塔(Lv.10)&br;
      空の陽炎(Lv.15)&br;
      夢幻泡影(Lv.20)
- ヨーロッパ機体(フランス)
~
//** 主な搭乗者
//(味方機や敵機で登場した場合は記載、なければコメントアウト)

}}
#span(5){{
				
|10|76|10|76|c
|>|>|>|CENTER:必要クレジット|h
|~Lv|~Cr|~Lv|~Cr|
|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|&color(#06F){ 1};| 10,710 |&color(#06F){2};| 2,680 |
|&color(#06F){ 3};| 4,470 |&color(#06F){4};| 8,220 |
|&color(#06F){ 5};| 15,180 |&color(#06F){6};| 80,330 |
|&color(#06F){ 7};| 44,990 |&color(#06F){8};| 114,240 |
|&color(#06F){ 9};| 214,200 |&color(#06F){10};| 510,510 |
|&color(#06F){11};| 757,420 |&color(#06F){12};| 989,610 |
|&color(#06F){13};| 1,474,410 |&color(#06F){14};| 2,142,000 |
|&color(#06F){15};| 2,723,910 |&color(#06F){16};| 4,279,720 |
|&color(#F60){17};| 5,440,680 |&color(#F60){18};| 6,118,980 |
|&color(#F60){19};| 7,818,300 |&color(#F60){20};| 9,853,200 |
|>|>|>|CENTER:&color(#06F){青文字Lv};は価格調整を反映済み|f
|>|>|>|CENTER:&color(#F60){桃文字Lv};は価格調整で変動無し|f

|10|24|24|24|24|24|24|c
|>|>|>|>|>|>|CENTER:標準機体性能|h
|~&size(95%){Lv};|~&size(95%){SP};|~&size(95%){MO};|~&size(95%){ST};|~&size(95%){AD};|~&size(95%){GD};|~&size(95%){DF};|
|RIGHT:|||||||c
|1|E+|F+|E |F+|F+|F |
|2|D |F+|E |E |E |F+|
|3|D+|F+|E+|E |E |E |
|4|D+|E |E+|E+|E |E |
|5|C |E |D |E+|E+|E+|
|6|C+|E+|D |E+|E+|D |
|7|C+|E+|D |D |D |D+|
|8|B |D |D |D |D |C |
|9|B |D |D+|D |D |B |
|10|B+|D+|D+|D |D+|B |
|11|B+|C |C |D+|D+|B+|
|12|A |C+|C |D+|C |A |
|13|A+|B |C+|C |C |A |
|14|S |B+|C+|C |C+|A+|
|15|S+|A |B |C+|C+|S |
|16|S+|A |B |B |B |S+|
|17|S+|A+|B+|B |B |S+|
|18|S+|S |A |B+|B+|S+|
|19|S+|S |A |B+|A |S+|
|20|S++|S+|A+|A |A |S+|

|20|55|55|55|c
|>|>|>|CENTER:標準パーツスロット数|h
|~&size(95%){Lv};|~&size(95%){BODY};|~&size(95%){ARMS};|~&size(95%){MISC};|
|CENTER:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
| 1~5 | 20 | 20 | 20 |
| 6~14| 22 | 22 | 22 |
|15~19| 23 | 23 | 23 |
| 20 |24|24|24|

|10|30|30|30|30|30|30|c
|>|>|>|>|>|>|CENTER:標準兵装搭載数・コスト|h
|~&size(95%){Lv};|~&size(95%){GUN};|~&size(95%){MSL};|~&size(95%){[[4AGM>特殊兵装/4AGM]]};|~&size(95%){[[4AAM>特殊兵装/4AAM]]};|~&size(95%){[[SFFS>特殊兵装/SFFS]]};|~&size(95%){Cst};|
|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
| 1| 90| 84| 6| -| -|425|
| 2| 98| 88|10| -| -|460|
| 3|107| 92|14| -| -|495|
| 4|116| 96|16|16| -|530|
| 5|125|100|18|18| -|565|
| 6|134|106|22|22| -|600|
| 7|143|112|24|24|17|635|
| 8|152|118|26|26|18|670|
| 9|161|124|28|28|19|705|
|10|171|130|30|30|20|740|
|11|180|134|32|32|21|787|
|12|189|138|34|34|22|834|
|13|198|142|36|36|23|881|
|14|207|146|38|38|24|928|
|15|217|150|42|42|26|975|
|16|224|152|44|44|27|1034|
|17|232|154|46|46|28|1093|
|18|240|156|48|48|29|1156|
|19|248|158|50|50|30|1211|
|20|256|160|54|54|32|1270|

#region(クリックすると2015/07/31価格改訂以前の強化費用データが表示されます。)
|10|80|10|80|c
|>|>|>|CENTER:購入・性能上昇 コスト|h
|~&size(95%){Lv};|~&size(95%){クレジット};|~&size(95%){Lv};|~&size(95%){クレジット};|
|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|1| 17,850 |2| 5,360 |
|3| 8,930 |4| 16,430 |
|5| 30,350 |6| 321,300 |
|7| 99,960 |8| 228,480 |
|9| 428,400 |10| 928,200 |
|11| 1,113,840 |12| 1,570,800 |
|13| 2,106,300 |14| 2,677,500 |
|15| 3,891,300 |16| 4,755,240 |
|17| 5,440,680 |18| 6,118,980 |
|19| 7,818,300 |20| 9,853,200 |
#endregion
}}
}}}}

~
#pcomment(,reply)


Founded by gwiki