F-15E -SR- "Shamrock" ☆☆☆☆(多目的戦闘機)

F-15E_-SR-_Wiki1.jpg

機体説明

祖国解放のため奮戦した「ガルーダ隊」二番機を模したF-15Eの特別機体。
総合的な性能アップが施され、安定した操縦特性を持つ。  


解説

軍事国家の電撃侵攻に屈することなく戦い続けた航空部隊「ガルーダ隊」の二番機を模したF-15Eの特別機体。
あらゆる任務に対応できるよう総合的な性能アップが施され、安定した操縦特性により極めて精密な飛行が可能となっている。
その華々しい戦績はもとより、長い戦争を最愛の家族のために戦ったパイロットの逸話は多くの人に愛され、語り継がれている。


特徴


データ

  • Cst.775
  • 機体ツリーの研究ランク : R.SP ☆☆☆☆
  • 非ステルス機体
  • 初期状態でLv.15までOT済
  • 獲得通り名
    • 天使を見た者(Lv.20)
  • アメリカ機体
  • 復刻:解放への戦火報酬(~200位)
    (2015/09/29~2015/10/05)
  • 殊勲飛行メダル100枚と交換
    (2016/11/16~無期限)


LACM搭載時

  • モデルはAGM-158 JASSM
    F-15E_-SR-_Wiki1_LACM.jpg


購入・性能上昇 コスト
LvクレジットLvクレジット
12,3002165,320
3229,6004344,400
5459,2006780,640
7367,3608654,360
9941,360101,951,600
112,502,640123,352,160
134,178,720145,854,800
156,704,320168,564,080
179,780,9601810,997,840
1914,051,5202017,725,120
標準機体性能
LvSPMOSTADGDDF
1B+CC+BCE
2AC+BBCE+
3A+BBBC+D
4SBB+B+BD+
5S+B+B+B+BC
6S+B+AB+BC+
7S+AAAB+B
8S+A+AAB+A
9S+A+AAAA+
10S+SA+AAS
11S+SA+AAS+
12S++SSA+AS+
13S++S+SA+A+S+
14S++S+SA+A+S+
15S++S+SSA+S+
16S++S+S+SA+S++
17S++S+S+SSS++
18S++S+S+SSS++
19S++S+S+SS+S++
20S++S+S+S+S+S++
標準パーツスロット数
LvBODYARMSMISC
1~5343434
6~14363636
15~19373737
20383838
標準兵装搭載数・コスト
LvGUNMSL4AAMLACM4AGMCst
136513422--775
240113626--821
343713830--867
4473140347-913
5510142388-959
6546144429-1005
75831464610461051
86201485011501097
96571505412541143
106941525814581189
117301566015601237
127671606216621285
138041646417641333
148411686618661381
158781727020701429
169111747221721496
179451767422741556
189781787623761616
1910121807824781676
2010461828226821736


最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

      • 確かに、その通りです。 Lv11まで上げて、使ってみたのですが、なんだこれ?って感じだったので、Lv上げが止まってしまいました。 トマド+LACMはたまにみますが、この子のLACMは、全くみないです。 残念 -- 木主
      • Tornadoだと範囲パーツ付けても威力低下がそこまで気にならないのでリロードと速度が遅くなったかつてのLAGMの感覚で使えるからね --
      • トーネードLv.20で運用してる限りは強力な兵装なんですけど、マルチ対地兵装の低火力だとイマイチ使い勝手が悪そうですね。育てきったとき同士で比較すればトーネードのほうがたくさん積めるし、トーネードに乗せた方がおいしい兵装だと思います --
      • 範囲向上パーツを搭載してない時の範囲ってどれぐらいですかね? --
      • LACMの個別ページに範囲比較の画像を載せてきました。 -- 枝主
      • 特効持ちのLASMと比べてないか? --

Last-modified:
Founded by gwiki