ATD-0 (戦闘機)

ATD-0.jpg

機体説明

日本の防衛省が開発した実証機を基に、実戦仕様の改修がなされた戦闘機。 小型の機体ながらステルス性と運動性において先進的な技術が盛り込まれたことにより他国の第5世代戦闘機と並ぶほどの性能を有する。

解説

日本の防衛省が開発した実証機を基に、実戦仕様の改修がなされた戦闘機。 小型の機体ながらステルス性と運動性において先進的な技術が盛り込まれたことにより他国の第5世代戦闘機と並ぶほどの性能を有する。 本機の実戦データはセンサー、アビオニクス、エンジン、ウェポンシステムといった各要素技術の統合を促し、「将来戦闘機」の実現に繋がる事となる。

特徴

  • 本作がエースコンバットシリーズ初登場。先進技術実証機 ATD-X(現:X-2)を元にした架空の戦闘機である。ATD-0という名称も含め実際には存在しない。
    • 現実では"X-2"の名で概念実証機という試験用の機体のため実機は非武装。本機はその機体を実戦用に改修された、と言う設定。
    • よく"心神"と呼ばれることもあるが、この名は原型となった実証機の開発初期段階における仮名であり、現在は単に"X-2"と呼ばれる。
    • なお、本機の名は「エーティーディーゼロ」であり、間違っても「エーティーディーオー」とは呼ばないように。
    • このように本機はFB-22と同様に一種の架空機であるが、本作内では現用機かつ試作機としての扱いであり、現用機限定イベント及び試作機限定イベントに参加可能である一方、架空機限定イベントには参加不可能である。
  • 初期コスト750のファイターということでやはりどの能力も高く、ファイターとしては隙のない性能。
    • 他の初期コスト750ファイターと比較して、安定性と機動力に秀でている。
    • 他のステルスファイターよりもステルス性能がやや高く設定されている模様?(検証求む)
  • 戦闘機及びステルス戦闘機としての機体サイズは最小クラスでGripen Cとほぼ同じサイズな程に小さい。*1
    • ATD-0 全長:14.2m 全高:4.5m 全幅:9.1m
      Gripen C 全長:14.1m 全高:4.5m 全幅:8.4m
    • 上記における小型化と軽量化によるおかげで機動力は基本性能以上のポテンシャルを発揮する。また小回りもしやすいのもこれを後押ししている。
    • 反面、兵装積載量の少なさや速度性能、防御力が若干低く、初期コスト750ファイターの中で唯一Lv10の速度がS止まりなのが欠点。
    • 実際にATD-Xのエンジンの出力は、小型機を飛ばすための最低限のものしか要求されていないため、現実に即していると言える。
  • 特殊兵装は同じ日本仕様の機体であるF-15Jと同様。また、ミサイルが外付けで発射ラグがないのも同様で、使用感に違いが少なく、乗り換えがしやすい。
    これはATD-Xが非武装の概念実証機である関係でステルス戦闘機に必須のウェポンベイがなく、戦闘機としてゲーム中に実装するため無理やり翼下にパイロンを取り付けて表現したが故の思わぬ恩恵。ちなみに機関砲は左翼付け根に収納され、射撃時のみハッチが開くF-22などと同じ方式で表現されている。
    • 向こう(F-15J)は弾数と速度に勝る(だが、本機のLv10と互角の性能に持って行くには多額の開発コストがかかる)のに対し、こちらは開発コスト、スロット数、ステルス持ちと言う点で有利なのでお好みでどうぞ。
    • 前述したが、装備が全て外付けなのでステルス機でありながら発射ラグを気にせずに戦える。F-15J以外からでも、比較的苦労せずに乗り換えられる点が他のステルスファイターにはない魅力。
  • ノーロックでミサイルを撃つと、なぜか水平発射されずに下向きに撃ち出されるので素当てには慣れが必要(機関砲は水平発射される)。同じ高度のターゲットにロックオンすれば水平発射されるので通常使用には問題はないが、至近距離の敵機には機首を上げて発射しないと誘導が間に合わず当たらない事がある。
  • 実装当初、ロールをすると主翼のフラッペロンが差動せず、両方が同時に、右ロールで下へ、左ロールで上へ動いてしまっていた。設定ミスと思われるが、2015年3月5日のアップデートにて修正された。

データ

  • Cst.750
  • 機体ツリーの研究ランク : R.15
  • 獲得通り名 : 和の心(Lv.3)
          戦闘証明済み(Lv.10)
          可能性の翼(Lv.15)
          神業(Lv.20)
  • 日本機体(ステルス機)

スキン

  • "ATD-0 Event Skin #01"
    [期間限定ドロップ(2015/02/03~2015/02/12)]
    [期間限定ドロップ(2015/12/22~2016/01/12)]
    • 先進技術実証機ATD-Xの塗装
      ATD0skin1.jpg
  • "ATD-0 Event Skin #02"[期間限定チャレンジ報酬(2015/11/19~2015/12/16)]
    • 洋上迷彩(航空自衛隊配備イメージ)
      ATD-0_Eventskin2_ud.jpg
       ここをクリックすると、EventSkin02の修正前の情報を表示します。


購入・性能上昇 コスト
LvクレジットLvクレジット
1673,920263,180
3105,3004136,890
5179,0106547,560
7395,9308551,780
9800,280101,158,300
112,316,600122,063,880
133,032,640144,254,120
155,180,760167,539,480
178,634,600189,708,660
1912,404,3402015,626,520
標準機体性能
LvSPMOSTADGDDF
1CC+D+B+DE
2C+BD+B+DE+
3BB+D+ADE+
4B+B+CAD+D
5B+ACA+D+D+
6AA+C+A+D+C
7ASC+SD+C+
8A+S+C+SD+B
9A+S+C+S+CB+
10SS+BS+CA+
11SS+BS+CS
12S+S+B+S+CS+
13S+S+B+S+CS+
14S+S+B+S+CS+
15S+S++AS+CS+
16S+S++AS+C+S+
17S+S++AS+C+S++
18S++S++A+S++C+S++
19S++S++A+S++C+S++
20S++S++SS++C+S++
標準パーツスロット数
LvBODYARMSMISC
1~5242625
6~10262827
15~19272928
20283029
標準兵装搭載数・コスト
LvGUNMSL4AAMQAAMSAAMCst
126712016--750
230212220--795
333812424--840
43541262814-885
54101283216-930
64381303618-975
74671324020201020
84961344422221065
95251364824241110
105541385226261155
115711425427271202
126111465628281249
136391505829291296
146681546030301343
156971586432321390
167251606633331456
177541626834341515
187821647035351574
198111667236361633
208401687638381692


最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

      • X-2はともかくとしてもベースとなってるADT-Xの話をするなと? --
      • それを言ったら、この枝に限らず、このコメントページ欄の大半が消えることになるぞ -- 実際の機体の話はこれに限らず、多くのページで見られると思うのだが…
      • F2は自衛隊にとって新鋭機ですよね。次はF15の後釜でしょう。まだF2の後継機は探してないでしょう。 私自身は最新鋭機売らないなら『こっちで現代版零戦を造っちゃえ!』です。しかし、 ラプター生産再開→アメリカ人の雇用創出→日本が購入→貿易赤字削減。『アメ車買えよ!』より『ラプター買えよ!』の方が売り手と買い手のニーズが一致する様に見えます。 東シナ海で、まがい物フランカーや中国製ステルス(F15で勝てそう)への解りやすい抑止力を考えた場合 (世界最強いるよと言うハッタリとして)、今から開発するX-2より、ラプターの方が配備が早そうで即効性が有りそうと思ったわけです。独自開発とF22購入と、どちらが安上がりかは知りません、すいません。ただ、ラプターが高い程トランプの望みを叶える。今回の首脳会談からはFS-X(現F2)の二の舞の臭い (ラプター売ってあげるから独自開発中止ね) を感じた訳です。 -- でもIFNのごとく、F3に魔改造ファイーターになったF2採用でも魅力的だ。この方が安い?木主です。
      • F-2はF-15より新しいけど先に更新されるのはF-2なんです(F-4より新しいF-1のように)。上でも語られてるF-3はF-2Aの後継機の事ですよ、数年前からF-2の後継選定?は動き出してます一応公式的には国産開発となってますがどっかから横槍が入ってくるかも?高額な開発費問題もあり流動的だと思っています。アメリカですら主力戦闘機のF15の後継は出てきてなく(F-22少なすぎる)現状のF-15全機アップグレード決定してます(後20年は使うのでは)空自のF-15は米2~3週遅れになってる性能向上改修を進めないと。F-22の再生産は米空軍も反対してます「今更旧型持ってこられても」と、開発終了から20年?旧型機との認識のようです(どうせ作るのなら新開発しろ、のようです)どうせ米議会がOK出さない。現状「ラプター」買えではなく「スーパーホーネット」買えと言ってくる方が可能性高そう。  -- 今動いてるのはF-2Aの後継機です、F-4E改が居なくなれば対艦ミサイル運用機はF-2だけですから後継機は対艦ミサイル運用能力は必修です。
      • 難しい難しい言って毎度毎度アメさんの手借りてたらいつまでたっても国内自主開発なんてできんからここらで頑張らんといけんのだがな、FSXの二の舞はごめんだ --
      • ↑全てはIHIの出来と頑張り次第だから・・・いくら喚いても無理ならエンジンだけ共同になるかと。 --
      • それで使えそうな国産技術が持ってかれるんでしょ? --
      • 老舗エンジンメーカーの技術を使わせて貰うんだから当たり前 -- 技術を盗むだけとかどこの大陸国家だよ
      • それ以前にIHIのノウハウと技術次第やがな・・・(エンジン技術だけが問題) --
      • アメリカではなくまさかのイギリスとの共同開発検討かよ。 --
      • ASF-X洋上迷彩スキン&ASF-X-EX-「ん?」 --
      • もう2桁多くくれよ --


Last-modified:
Founded by gwiki